50代ワークングマザー誕生秘話
*
ホーム > 日記 > 突然の訃報に

突然の訃報に

1月の終わりにその訃報は突然訪れた。正月に実家に帰って親せき回りをした時、伯父さんはホントに元気だった。母親より伯父さんと連絡が取れないとメールが来たので気にしていたのだけど翌日亡くなっていたと電話が来た。

伯父さんは結婚をしていなくて兄弟姉妹以外に身内がいない。

公務員で若い時に小さい家を買って、ずっと一人暮らしだった。

取り敢えず、兄弟姉妹の長男が喪主で葬儀をおこなった。その時、伯父さんが住んでいた家をどうすのかという話題になった。幸いに住宅ローンは既に完済されていたので特に問題はないのだが、誰かがこのまま住むのか?売却してお金に換えて兄弟姉妹で分けるのかその時は決まらなかった。

その時は感じなかったのだが素朴な疑問がでてきた。

簡単に処分というが売れるのか?というものだ。

横浜市とは名ばかりの周りに畑が沢山残っている鶴ヶ峰の外れだ。そんなに高く売れるとは・・・いや購入する人がいるようには思えないのだ。

気になってネットで鶴ヶ峰駅・中古一戸建てで検索してみた。

一杯でてきた。取引できるんだ・・・なんか笑ってしまった。

 

 


関連記事

浮気現場|離婚のための裁判の際に有効になる浮気の調査で得られる証拠なら...。
不倫の事実を隠して、だしぬけに「離婚して」なんて迫られた...なんて場合は、自分...
突然の訃報に
1月の終わりにその訃報は突然訪れた。正月に実家に帰って親せき回りをした時、伯父さ...
テスト
テスト記事です。...